スポンサードリンク

副業税金


副業を始めて、副業の税金のことについて、その申告の方法とかみなさんご存知でしょうか?当然の事ながら副業を始めるということは、収入が発生しますよね。収入が発生しますと、しつこいようですが当然のことながら税金が発生し、避けては通れないのです。そこで今回は副業税金について私なりに調べてみたのでゆっくりご覧になってみてください。

税金と言う言葉を聞いただけで、副業をするのは少し面倒な気がしませんか?
ですが、副業税金については勉強して詳しくなるに越したことはないです。税金を知れば本業を持っている方にもかなりプラスになるはずです。
もしかして、副業税金については、所得税を払うだけとか思っている方がいるかもしれませんが、実は、副業の税金は所得税を払うだけではありません。
例えば、源泉徴収をサラリーマンであっても申告をすることで払いすぎた税金を還付してもらえる事もあります。
副業の税金については、自分で勉強して税金に詳しくなり、税金を払いすぎることのない様にしましょう。税金の制度だけは、何度も言いますが詳しくなっておいた方が様々な面で得です。

例えば普通に会社勤めをするサラリーマンが副業税金の申告をするとします。その副業がアフィリエイトによるネット収入だったとして、そのネット収入は、どの所得区分になるのかということをご存知でしょうか?
場合によって事業所得とされることもあるのですが、サラリーマンのように、他に主な所得があるという場合には、通常「雑所得」となることが多いです。これは、個人個人で税務署の判断に委ねることになります。
所得計算はといいますと、所得とは、収入額から必要経費を引いた額となります。収入がそのまま所得ではありませんので注意です。必要経費は、その所得を得る為に必要とした費用のことですから、ネット収入の場合などはインターネット接続料金などが主となります。
簡単ではありますが副業税金について、私なり調べたことをお話させていただきましたがご理解いただけましたでしょうか。たとえ副業でも収入が発生すれば税金も発生します。収入金額にもよりますが、税金が発生することだけでもとりあえず頭の片隅にでも覚えて置いてください。
タグ:副業税金

副業確定申告


副業を始め、ある程度収入が発生し始めると副業確定申告ってどうすればいいのだろうって必ず思うと思います。ある程度、税金についての知識がある方ならそんなことは思わないですが大体の方は、副業確定申告については、みなさんどのようにしてらっしゃるのでしょうか?って言うのが率直な気持ちだと思います。ここでは副業確定申告について簡単ではありますがお話させていただきます。

まずは、副業で収入が入り始めると、やはり確定申告が気になってきますね。税金どれぐらい払わなければならないのだろ?副業確定申告は、みんなどうやっているんだろう?そう思われる方が多いでしょう。ただ、こればかりは答えを会社に聞いてみようか、というわけにはいきませんよね。普通に会社勤めをしているサラリーマンの方なら、会社に副業がばれない方がいいなあと思われている方が大多数だとおもいます。なぜかといいますと会社の規定で、副業はどこでも許されていないはずだからです。では、この副業確定申告、どのようにしたらいいのでしょうか?

副業確定申告で、会社にばれないようにしたいのですが、そんな方法はあるのかというと、まず、副業が会社側にばれてしまうのは、だいたいは住民税の支払いの時です。これは、特別徴収制度によるもので、会社の給与以外の収入に対する住民税の支払いも、会社の給料の分とあわせて会社が源泉徴収する制度となっているからです。では、この制度があっても副業確定申告を上手に済ませる方法があるのでしょうか?
実はあるんです。副業確定申告する際に、住民税の欄に住民税の支払いを特別徴収にするのか普通徴収にするのか、を選択してチェックを入れる項目があります。ここで「普通徴収」を選択すれば大丈夫です。そうすれば副業確定申告は、会社にばれずにうまく進みます。
普通徴収とは、副業をしている本人に住民税の請求がいくようになるものです。そうすれば会社側に住民税支払いの通知は行かなくなるので、副業がばれない、というわけです。この方法を知っていればサラリーマンでも安心して副業確定申告ができます。なお、20万円未満の副業収入の場合は、確定申告が不要であることをお伝えしておきます。

以上、副業する上で確定申告についてお話をさせていただきました。副業収入を得るということは、ちゃんとそれだけの税金も納めなくてはいけないし、確定申告時に会社側で納めるか、自分が納めにいくか選択出来ることがわかっていただけたかと思います。これで少しは副業を始めるにあたって、安心して始められるのではないでしょうか。

副業がばれない方法


前回、お話させていただきましたが会社側が副業を禁止しているのは普通です。それでも副業を始めてみたいと思っているサラリーマンは大勢います。そこで今回は、確実に副業がばれない方法ではないのですが、とりあえず副業が勤め先の会社にばれない方法をおはなしさせていただきます。ゆっくりご覧になってみてください。

会社によっては副業を認めていないところもありますが、在宅ワークなどの副業により収入を得ていて、確定申告をした場合会社に副業していることがばれてしまうのは困るという人が多いのではないかと思われます。

もしなんらかの副業がばれないように、副収入を得ていることで確定申告をする場合は、住民税の徴収方法という項目の欄で普通徴収欄に印をつけることが、副業がばれない方法の一つとなります。これはどう言うことかというと、特別徴収の欄などに印をつけると会社に一括して住民税が請求されてしまうからです。ですから、副業がばれないようにするには普通徴収の欄に印をつけることと、会社側に請求される住民税は会社で得た収入分のみを支払うようにし、副業や在宅ワークなどで得た副収入に関しての住民税は、あなたに直接請求が来るようにすることで会社にばれない可能性が高くなるという方法です。しかしこの方法については、あくまでばれにくくする可能性があるというだけで、必ずしも副業がばれない方法というわけではありませんので注意しましょう。

ほかに副業がばれない方法として、次のようなことも考えましょう。具体的には、あなたの副業収入を他人の収入にするという考えがあります。あなた自身が稼いだというのではなく、例えば奥さんとか信頼できる知人などに依頼する方法です。自分とは異なる第3者の名義を借りるなどの方法で、副業をばれなくする考え方です。あくまでこれは考え方ですから、実行するしないはよくよく考えてお願いします。

簡単ではありますが副業がばれない方法をお話させていただきました。どうしても副業などでお金を稼いでしまうと税金が絡んでくるので会社側にはばれないという保障はできません。何度もいいますがよくよく考えて行動してくださいね
タグ:副業

副業禁止規定


みなさんも会社へ入社するときに就業規則をもらったかとおもいます。じっくり読んでみたことはありますか?当サイトへ訪問したあなたは副業に魅力を感じて稼いでみようと考え、働いている会社では副業が禁止なのだろうか?考えているのではないかと思います。そこで今回は就業規則上での副業禁止規定などについてお話させていただきます。

どこの会社にも就業規則というものがありますが、その中で副業を禁止する規定がされているのが実は普通なのです。ワークシェアリングなどの影響で仕事が少なくなり賃金が削減され残業もままならないのが現状で、生活するために副業をせざるをえないサラリーマンは多くなってきています。しかし就業規則に副業の禁止規定がされていると、それを理由に解雇という最悪な結果を招くこともあり、会社には内緒で副業を行なう、あるいは、ばれてしまうことがこわくてできないというのが現状にあることです。

副業禁止の規定は、労働基準法などの法律で定められたものではないのですが、あくまで就業規則で規定した会社独自の禁止規定ということです。就業規則とは、原則として就業時のルールを定めたものですから、休日や退社後の行動まで拘束する効力は元々ないのです。しかし、副業が原因で会社に損害を与えることが明確な場合などでは、会社は副業を禁止する規定を作ることが可能になります。その禁止規定は有効であるという過去の判例もありますので、おかしなことはできないのです。また、副業を禁止していても、通常は許可を受ければ副業は可能とされているので、遠慮せずに副業申請をしてみることも方法です。
それでも会社に内緒でぜったいにばれないように副業をしたいという人は、住民税や市民税を普通徴収にして自分で払うようにすることです。会社で天引きにしておくとその金額から経理に禁止規定がばれてしまうので注意が必要です。なお、育児休業給付を受けている育児休業中に他社でアルバイトをするようなケースでは、不正受給とされることがありますので、前もって確認しておいた方が良いと思います。

副業禁止規定についてなんとなくでもわかっていただけたでしょうか。規則は会社によってかなり考え方や違いがあります。副業を始めてみたいと思っているあなたは、今一度、就業規則をよく読んでからでも副業を始めるのは遅くないと思います。

サラリーマンの副業


現在では、バリバリの現役サラリーマンが副業をやってみたい・副業で稼いでみよう・副業で小遣い稼ぎしようと思っている方が増えているそうです。なぜ、そんな考えを持ったサラリーマンが増えてきたのでしょうか?今回はサラリーマンの副業をメインにお話させていただきます。

現在は、日本経済は不況から脱却しつつあると言われますが、遅くまで働いているサラリーマンには実感がありませんね。ですから、サラリーマンも副業をした方がよいのではとか、生活防衛と思っている方が増えているそうです。副業といっても、できることならあなたのビジネスを展開するのが理想ですね。そこで、ネットを利用した副業というものを考えてみます。

現在行っている仕事ももはや、リスクヘッジを考えなければならない時代になっています。いつ突然、会社がつぶれるかわからないし、雇用も定年までなんて保証されていません。これらはサラリーマンをやっている人すべてに当てはまりうるリスクですね。最近は会社側でも副業禁止条項をはずすところでているようです。

これはどういうことを意味するのかとですが、会社も将来の雇用を約束できない、ということを暗に意味しているのではないかと疑います。サラリーマンが副業をすることにより、その人のスキルアップを図る事ができます。

例えば、将来、独立したいという方もサラリーマンには多いと思いますが、いきなり独立してもうまく行くものではありません。独立までにある程度は経営に関する知識、営業、人脈などを身につけることが大事になってきます。これを副業を通じて実践することができるわけです。サラリーマンが副業により所得が増え、より生活にもゆとりが増えてきます。サラリーマンが副業をすることがいけないとされる時代もそろそろ終わりに来ているのではないでしょうか。

サラリーマンの副業についてお話させていただきましたがどうだったでしょうか。時代の流れの変化で副業をして安定した生活が確保できるのではとか、基本給もあまりあがらない・会社内でのリストラなど自ら、生活防衛対策をしていかない時代になってきたのかもしれないですね。

公務員副業はできるのか


公務員の方でも副業に興味を持たれる方は絶対いるはずです。では、公務員は副業はできるのだろうかなあと私は疑問におもいました。そこでネットなどで私なりに公務員は副業ができるかどうか調べてみましたので参考程度にごらんになってみて下さい。

いきなり、今回のテーマについての解答になるのですが、公務員は副業はできるのか?の答えなのですが、結論から言って、公務員は副業はしてはいけないのです。なぜ公務員の副業はだめなのかですが、地方公務員の場合は、以下のような条文に違反するからだそうです。

(信用失墜行為の禁止)第三十三条  職員は、その職の信用を傷つけ、又は職員の職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。(職務に専念する義務)第三十五条  職員は、法律又は条例に特別の定がある場合を除く外、その勤務時間及び職務上の注意力のすべてをその職責遂行のために用い、当該地方公共団体がなすべき責を有する職務にのみ従事しなければならない。

(営利企業等の従事制限)第三十八条 職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。と公務員の副業を制限してます。

条文は難しいですね・・・では、わかりやすくまとめてみますと
公務員は任命権者の許可を受けないと、営利目的の会社等の社長や役員の副業につくことはいけないし、どんな副業でも公務員は報酬をもらえる事務をやってはいけないとのことです。
法解釈の上では、公務員の副業として認められるのは講演料や原稿料は労働の対価として報酬とは考えられないため、公務員の副業として任命権者の許可を必要としないと解されているそうです。しかし、職員が仕事上で得た知識についての原稿料は報酬とみなすということもあります。

公務員は国や地方のために働いて、国民からの税金で収入を得ているから副業などに手をそめてはいけないのですね。あと企業によっては公務員同様、副業を禁止している企業はありますので、ぜひ副業を始める場合は就業規則などをよく読んでから始めてくださいね。
タグ:副業 公務員

副業副収入は報酬いくらでしょう


副業をあなたが始めると仮定した場合、副収入としての報酬はどれくらいあるのだろうとか気になりませんか?副収入を得るとしてもいろいろな方法がありますが今回もネットを利用した副収入についてお話させていただきますね。

副業の副収入というのはネット副業も含めて、異常なまでの高い報酬とか、なぜか費用が発生するなどのものはほとんどが怪しいと思われます。もしネットで副業を始めた場合、ネット副業副収入で利益があがらない原因として、次のようなことが考えられます。まず、アフィリエイト広告などでは、その広告の提供期間が終了していて副収入を得ることを逃している場合や、アクセス数と比較して、思っていたよりも副収入が得られない場合などが挙げられます。サイトへのアクセス数があるのに副収入額がそれほど向上しない場合には、アフィリエイト広告の掲載方法や、サイトのテーマとの絡みのある広告であるのかについても見直すことが必要となります。

アフィリエイトのネット副業で副収入をもっと稼ぐためには、サイト訪問してくれた方にひとつでも多くのアクションをとってもらうことが必要になります。また、ネット副業の1つであるメール受信で副収入を得る方法にもいくつかの種類がありますので、希望の副収入額にあわせて色々なメール受信の副業方法を試してみることです。

ポイントサイトを利用したメール受信の副業は、基本はメールを受信するだけなので、絶対にメール受信した後に、何らかの行動をしなければならないということもなく、成果ノルマがありませんのでリスクが生じることなく副収入を手に入れることができるのですがこれは想像以上の量をこなすことになります。ほかにもネットで稼げる副業方法に、ネット懸賞サイトを利用して副収入や景品を手に入れるといった懸賞型の副業がありますが、これもかなりの量をこなさないと利益が上がらないものです。

副業で副収入を得るにはいろいろな方法があるのと報酬についてお話させていただきましたが、なんとなくでも理解できましたでしょうか。副収入も作業量をこなせば必然とついてくることがわかったとおもいます。まずはあなたに続けて出来そうなことからネット副業を始められてみましょう。それからでもいろいろなネット副業方法に手を出すのはおそくないですよ。

ネット副業方法と種類


副業を始めるのにネットでの副業方法をあなたが選んだと想定します。では、ネットでの副業方法はどういった方法があるのだろ?とか、始める場合に調べますよね。そこで今回はネットでの副業方法と種類についてお話させていただきます。

ネットでの副業方法と種類をお話させていただく前に、世間へのネットの認知度と一緒に企業の広告宣伝媒体としてネットは成長してきたことを理解しておいた方がいいでしょう。他の広告媒体との違いが、ネットははっきりと出てきます。他の広告媒体は、不特定多数の人に費用をかけて多数の広告を出して集客しようとしますが、ネットでは、サイトを訪れる人が、興味あることを自ら調べたり、ネットサーフするので、広告主も購入意欲の高いターゲットが絞りやすく売上につながりやすいという特徴があります。ネットを利用してサイト上に広告を載せ、広告料の一部を還元してもらうことで、ネット副業方法として稼ぐことができます。その副業方法と種類としては、こういったものがあります。

1.メール・・・副業方法と種類として、各サイトに登録すると自動的にメールが送られてきてあなたがそのメールを受信して、本文の中にあるURLをクリックするとポイントがもらえ、それが貯ると現金や商品と交換できる仕組みのことです。

2.ポイントサイト・・・副業方法と種類として、懸賞に応募するだけで、現金や賞品が当たります。従来のハガキの懸賞だとハガキ代だけでも馬鹿にならないと思いますが、ネットだと無料で応募できます。

3.サイト訪問・・・副業方法と種類として、サイトに訪問し、決められたことをすることでポイントがもらえます。たまったポイントは現金や賞品に交換することができる仕組みのことです。

4.アンケート・・・副業方法と種類として、サイトに訪問し、アンケートに答えたりモニターに参加することで、賞品や商品券がもらえることです。

5.アフィリエイト・・・副業方法と種類として、今では当たり前に聞く言葉ですが、何年か前では、ほとんどの人が知らなかった言葉だと思います。アフィリエイトについては、また改めて説明していますので、そちらもご参考になさって下さい。

ネットでの副業方法と種類は想像以上にいろいろあることがお分かりになられたかと思います。パソコンの基本操作がわかってないとなかなかネットでの副業は作業性が悪いのも事実ですが、副業に取り掛かりやすいのもネットならではです。近年、上記にも記載しましたがアフィリエイトで副業をしてる方も増えているそうです。とりあえずはネットでの副業方法はこんなものもありますよ程度に言葉だけでも覚えておいてくださいね。

在宅副業の魅力


副業という言葉を最近ではよく聞きますよね。副業にも裕福な方なら不動産投資・私みたいに貧乏層ならお金のかからない副業・在宅副業などいろいろありますよね。やはりここのサイトを訪問したあなたは、どっちかというと失礼ではありますが私よりの層だとおもわれますのでここではお金のあまりかからない在宅副業についてお話させていただきます。

在宅副業というと、経験かつ今まで興味のなかった人には魅力的な響きがあるかもしれませんね。特に主婦の方にとっては、自宅で出来る仕事・内職は空いた時間を利用してと思い魅力を感じるはずです。では、在宅副業の魅力はどのようなものかというと、自宅で自分の自由な時間に作業ができて、しかも収入が入る。うまくすればサラリーマン以上の収入も見込める、というものをいいことばかりを想像することと思います。サラリーマンをしていると人間関係も難しいので在宅副業はサラリーマン等には魅力として写るかもしれません。確かに、実際に在宅副業で成功している方はいます。特に、ネットをうまく使った自宅で出来るアフィリエイトなどのビジネスに注目が集まっているのも事実です。でもそこまで行くまでには想像できない程のかなりの苦労や努力があるのも間違いないのです。

では、在宅副業にはどんな種類があるのかといいますと大半の方は手に技術を持っていない状態で始めますが、そういう人向けの仕事はかなり限定されており、また人気もありますので競争も激しいのが現実です。競争が激しい分、激安ショップと一緒で収入も低いのであまり魅力的とは言えないのです。競争も激しいです。競争が激しい分、収入も低いです。また継続した仕事も中々ありませんのでネットで探すと一番多いのがパソコンを使った在宅副業です。特に今一番多いのがアフィリエイトです。アフィリエイトは無料で始めることが出来るため魅力的で簡単に参入できますが、アフィリエイトも立派なビジネスですので、いろいろな技術やノウハウが必要で、成功は難しいのが現実です。

在宅副業をいざ始めようとあなたは思われたかもしれませんが、在宅副業というジャンルは魅力的ではありますが、ネットでの宣伝にうかれて乗ってしまうと騙される可能性が高いジャンルということが理解できましたでしょうか。アフィリエイトなども一つのビジネスです。ビジネスと思って行動しないと、手軽で簡単だから始めてみようと行動したら私にはやっぱり無理・・・と思われるのが落ちです。副業を始めてみるならビジネスと思って行動しましょう。
タグ:魅力 副業 在宅
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。