スポンサードリンク

副業確定申告


副業を始め、ある程度収入が発生し始めると副業確定申告ってどうすればいいのだろうって必ず思うと思います。ある程度、税金についての知識がある方ならそんなことは思わないですが大体の方は、副業確定申告については、みなさんどのようにしてらっしゃるのでしょうか?って言うのが率直な気持ちだと思います。ここでは副業確定申告について簡単ではありますがお話させていただきます。

まずは、副業で収入が入り始めると、やはり確定申告が気になってきますね。税金どれぐらい払わなければならないのだろ?副業確定申告は、みんなどうやっているんだろう?そう思われる方が多いでしょう。ただ、こればかりは答えを会社に聞いてみようか、というわけにはいきませんよね。普通に会社勤めをしているサラリーマンの方なら、会社に副業がばれない方がいいなあと思われている方が大多数だとおもいます。なぜかといいますと会社の規定で、副業はどこでも許されていないはずだからです。では、この副業確定申告、どのようにしたらいいのでしょうか?

副業確定申告で、会社にばれないようにしたいのですが、そんな方法はあるのかというと、まず、副業が会社側にばれてしまうのは、だいたいは住民税の支払いの時です。これは、特別徴収制度によるもので、会社の給与以外の収入に対する住民税の支払いも、会社の給料の分とあわせて会社が源泉徴収する制度となっているからです。では、この制度があっても副業確定申告を上手に済ませる方法があるのでしょうか?
実はあるんです。副業確定申告する際に、住民税の欄に住民税の支払いを特別徴収にするのか普通徴収にするのか、を選択してチェックを入れる項目があります。ここで「普通徴収」を選択すれば大丈夫です。そうすれば副業確定申告は、会社にばれずにうまく進みます。
普通徴収とは、副業をしている本人に住民税の請求がいくようになるものです。そうすれば会社側に住民税支払いの通知は行かなくなるので、副業がばれない、というわけです。この方法を知っていればサラリーマンでも安心して副業確定申告ができます。なお、20万円未満の副業収入の場合は、確定申告が不要であることをお伝えしておきます。

以上、副業する上で確定申告についてお話をさせていただきました。副業収入を得るということは、ちゃんとそれだけの税金も納めなくてはいけないし、確定申告時に会社側で納めるか、自分が納めにいくか選択出来ることがわかっていただけたかと思います。これで少しは副業を始めるにあたって、安心して始められるのではないでしょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。