スポンサードリンク

副業がばれない方法


前回、お話させていただきましたが会社側が副業を禁止しているのは普通です。それでも副業を始めてみたいと思っているサラリーマンは大勢います。そこで今回は、確実に副業がばれない方法ではないのですが、とりあえず副業が勤め先の会社にばれない方法をおはなしさせていただきます。ゆっくりご覧になってみてください。

会社によっては副業を認めていないところもありますが、在宅ワークなどの副業により収入を得ていて、確定申告をした場合会社に副業していることがばれてしまうのは困るという人が多いのではないかと思われます。

もしなんらかの副業がばれないように、副収入を得ていることで確定申告をする場合は、住民税の徴収方法という項目の欄で普通徴収欄に印をつけることが、副業がばれない方法の一つとなります。これはどう言うことかというと、特別徴収の欄などに印をつけると会社に一括して住民税が請求されてしまうからです。ですから、副業がばれないようにするには普通徴収の欄に印をつけることと、会社側に請求される住民税は会社で得た収入分のみを支払うようにし、副業や在宅ワークなどで得た副収入に関しての住民税は、あなたに直接請求が来るようにすることで会社にばれない可能性が高くなるという方法です。しかしこの方法については、あくまでばれにくくする可能性があるというだけで、必ずしも副業がばれない方法というわけではありませんので注意しましょう。

ほかに副業がばれない方法として、次のようなことも考えましょう。具体的には、あなたの副業収入を他人の収入にするという考えがあります。あなた自身が稼いだというのではなく、例えば奥さんとか信頼できる知人などに依頼する方法です。自分とは異なる第3者の名義を借りるなどの方法で、副業をばれなくする考え方です。あくまでこれは考え方ですから、実行するしないはよくよく考えてお願いします。

簡単ではありますが副業がばれない方法をお話させていただきました。どうしても副業などでお金を稼いでしまうと税金が絡んでくるので会社側にはばれないという保障はできません。何度もいいますがよくよく考えて行動してくださいね
タグ:副業
この記事へのコメント
こんにちは、
ちょっと遊びに来ちゃいました!

いろいろ勉強になるブログですね^^

また遊びにきますね〜
Posted by イサオ at 2008年07月14日 17:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。