スポンサードリンク

公務員副業はできるのか


公務員の方でも副業に興味を持たれる方は絶対いるはずです。では、公務員は副業はできるのだろうかなあと私は疑問におもいました。そこでネットなどで私なりに公務員は副業ができるかどうか調べてみましたので参考程度にごらんになってみて下さい。

いきなり、今回のテーマについての解答になるのですが、公務員は副業はできるのか?の答えなのですが、結論から言って、公務員は副業はしてはいけないのです。なぜ公務員の副業はだめなのかですが、地方公務員の場合は、以下のような条文に違反するからだそうです。

(信用失墜行為の禁止)第三十三条  職員は、その職の信用を傷つけ、又は職員の職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。(職務に専念する義務)第三十五条  職員は、法律又は条例に特別の定がある場合を除く外、その勤務時間及び職務上の注意力のすべてをその職責遂行のために用い、当該地方公共団体がなすべき責を有する職務にのみ従事しなければならない。

(営利企業等の従事制限)第三十八条 職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。と公務員の副業を制限してます。

条文は難しいですね・・・では、わかりやすくまとめてみますと
公務員は任命権者の許可を受けないと、営利目的の会社等の社長や役員の副業につくことはいけないし、どんな副業でも公務員は報酬をもらえる事務をやってはいけないとのことです。
法解釈の上では、公務員の副業として認められるのは講演料や原稿料は労働の対価として報酬とは考えられないため、公務員の副業として任命権者の許可を必要としないと解されているそうです。しかし、職員が仕事上で得た知識についての原稿料は報酬とみなすということもあります。

公務員は国や地方のために働いて、国民からの税金で収入を得ているから副業などに手をそめてはいけないのですね。あと企業によっては公務員同様、副業を禁止している企業はありますので、ぜひ副業を始める場合は就業規則などをよく読んでから始めてくださいね。
タグ:副業 公務員
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。